SASS

ヒト・医療のこと

全体論的観点によるマクロな視点の医療を発展させ、ミクロとマクロの両輪による医学・医療システムを構築する。

構造からシステムへ

現在の医療システムおよび医学教育は生理学、生化学、分子生物学を基にした、身体を要素還元的に細分化していくというミクロな視点をベースに大きく発展をしています。
一方で、科学の世界では、生命というものは複雑系、自己組織化、そしてオートポイエーシスと、構造から細分化できない一つの全体的なシステムとして理解をされ始めています。

私たちは、ミクロな視点を最大限尊重しつつも、これからの医学、医療の発展のためには、全体論的、つまり身体を一つの大きなシステムとして理解し、そのシステムがどのように環境と共に存在をするのか、ということを理解することが重要だと考えています。

今まではミクロな視点からのアプローチが主流であった医学・医療システムに、マクロな視点が加わることによって、今後はミクロとマクロの両輪による医学・医療システムというものが、未来のスタンダードになるのではないでしょうか?