SASSとは - スポーツと医療の未来の為に

人類への愛、その未来が必ず良くなるという確信、そしてその過程に貢献するという情熱。
この3つの価値観を大切に、マクロで全体論的な観点から、人、組織、社会を考え、誰もが自分の人生を愛し、その未来に希望を抱き、そのために命を燃やせるような世界を実現する。

SASSでは上記のビジョンを掲げ、下記の2つのミッションに関して様々な講演、セミナーの依頼を受け付けております。

ミッション 1.

"全体論的観点によるマクロな視点の医療を発展させ、ミクロとマクロの両輪による医学、医療システムを構築する。"

現在の医療システムおよび医学教育は解剖学、生理学、生化学を基にした身体を要素還元的に細分化していくという要素還元的なミクロな視点をベースにしています。SASSではミクロな視点を最大限尊重しつつも、これからの医学、医療の発展のためには、全体論的な身体を一つの大きなシステムとして理解し、そのシステムがどのように環境と共に存在をするのかということを理解することが重要だと考えています。

SASSではマクロな視点で身体を理解するための基礎概念である動作学(動作学.com)の講演、セミナーを行っております。動的平衡、知覚行為循環、適応を3つの大きな柱とする動作学は、すべての医学、医療の根本である生命というものを理解するために欠かすことのできない知識なのです。

医療に携わるすべての方々、現代医学、伝統医学、代替医療、トレーナーからコーチ、監督など人の身体に関わるすべての方に人間の大きな可能性を感じていただき、大きなパラダイムシフトと今後のアプローチの未来を実感していただけることを大切にしています。

ミッション 2.

"勇気を礎とした信頼によって成り立つ自己進化型組織を世に多く作り出す。"

組織そのものが自ら進化、成長すること。このような組織をSASSでは自己進化組織と呼んでいます。組織、チームを理解するためには、それを構成する人、個人をいうものを深く理解する必要があります。また、進化、成長というものを作り出すためには進化、成長とは何かということを知る必要があります。

動作学の柱である動的平衡、知覚行為循環、適応という3つのコンセプトは、医学的な意味での身体だけではなく、生きるということ、そして人が集まる組織、チームというものを理解するのを助けてくれます。

進化、成長とは?人の行動、感情とは?人のモチベーションとは?など、多くの皆様がお持ちの個人の人生、組織、チームビルディングにおける疑問に対する答えがここにあるのです。

講師:川尻隆

お問い合わせ